• pota

Refreshment


久しぶりのリフレッシュのご要望です。

リフレッシュ修理はアッパーの革はそのままに中底、ソール、シャンクと全て取り換えて

再度アッパーを木型につり込むという作業になります。

いつもは特に考えるという事はない作業ですが今回は中底、シャンクときれいで交換する必要がなく

ではその代わりとして、メニューにはない作業をするべきか否か少し逡巡しておりました。

アッパーの革を詰めました。

切るのは簡単ですが、切ってしまうと前半分と踵側の後ろ半分との合わせ目のアールの長さが

変わってしまうので少し手間な工程が増える事になります。

ひと穴ひと穴、踵側の革の縫い目に合わせて穴を調整してあけていきます。

写真は始点と終点を合わせて穴をあけたところです。

この後はいつもの修理の作業に入っていきます。

これで甲の部分のフィット感は相当良くなるはずです。

(※上記の修理は追加の料金が発生いたします)

#修理

27回の閲覧

© pota all rights reserved

  • Twitter Clean
  • w-facebook
  • White Google+ Icon